Bridal

HITOMIHAMA【ダイヤモンドストーリー】vol.1

愛と強さのシンボル『ダイヤモンド』

「ダイヤモンド」。
最も知られている宝石とも言えるダイヤモンドは、氷のようにクリアに煌めく美しさで世界中の女性たちを魅了しています。

「ダイヤモンド」の語源はギリシャ語の「adamas」(征服されないもの。何よりも強いもの)に由来しています。
今では、ダイヤモンドの美しさ・稀少性・性質からお洒落を楽しむジュエリーとしてだけでなく「愛の象徴」として贈られたり、「信念を持つ強さ」をカタチにしたジュエリーとして身に着けたりと、特別な想いを秘めることもあるようです。
地球の奥深くマントルで誕生し何十億年もの時を超えて地上に現れたダイヤモンドは力強い地球のエネルギーに満ち、その神秘の力を私たちに届けてくれているのでしょう。

[オーダーメイドリング]未来への道

『最初のダイヤモンド』物語

地球上で初めて発見されたダイヤモンドは「コ・イ・ヌール」と呼ばれる巨大なダイヤモンド。
現存する最古のもので一説には5000年以上も前にインドで発見されたと言われています。古の人々は見たこともない美しく輝く石に驚き「光の山」を意味する「コ・イ・ヌール」と名付けたと伝えられています。伝説ではこのダイヤモンドを巡り多くの王たちが求め争ったため、世界各地を転々としたのだとか。
発見時の原石では600カラットもあったと言われる「コ・イ・ヌール」が再度注目を浴びたのは1851年になってから。
ロンドンの万博博覧会で「世界最大のダイヤモンド」として紹介されたのです。長い時を経たためか、その時には186カラットになっていたと言います。その後、美しくリカットされた「コ・イ・ヌール」は108カラットになり、ビクトリア女王の王冠にあしらわれることになります。現在はロンドン塔に展示されています。
権力の象徴として多くの王が奪い合ったこのダイヤモンドは、男性に不幸をもたらし、女性に幸福をもたらす、という逸話とともに悠久の時を見つめてきたのです。

HITOMIHAMA【ダイヤモンドストーリー】vol.2へ